地下鉄の中で男性はなんで豹変するんですか?女性専用貨物って有難い。

著しく不思議なのですが、
普段のライフでは男性の方が妻です俺に対して優しくしてくれるし、母親同士の人間関係の大変さは、
既にめんどくさくて、ちょいちょい心底疲れてしまうが、
列車に乗っているポイントだけはまるっきり別の心情を持ちます。
正に妻って優しくて、素晴らしい付属だなぁととっても思うのです。
安心行なう。

不思議なんですけれども
列車に乗っているときの、ダディってすごく冷たくありませんか?

普段の、社会で、逢う優しいダディと、列車に乗っているときの男性は全く違う面持をしています。別人です。

妊娠していた時間にシートを譲ってくれたのも、絶対に妻でした。
ちっちゃな子どもを抱えて危険のインサイド、列車に乗っていた時もシートを、譲って下さったのは、当然妻。

男性はそっぽを向いていました
ひどい時折自分の隣席に家財道具を置いて眠った通り動こうとも断ち切る男性が甚だしく多いこと。
業で疲れていると言うのは当然知るのですが
俺が結構不思議なのは、毎日手厚い男性は列車の中に入った途端にオリジナルが変わってしまうのかということです。

若い夫人が列車の中でメイクをするとかいっぱい言われていますが、俺からしてみると男性が列車の中で急変してしまう所の方が至って不思議です。

ですから女性専用汽車が増えてきた今の世の中が思い切りうれしいです。
普段は妻と要るよりもダディといたほうが気持ちが楽な俺ですが、
列車の中の恐ろしい男性は何とか不愉快です。

女性専用汽車は、
何だか恩恵に満ちていて乗っていてほっと行なう。
こーゆーところどうしても妻って結構暖かいなーって思います。
それにしても男性はなんで列車のインサイドだとさんざん変わってしまうんでしょうか?疑問です。http://blog.mindoverflow.info/